TALKING JAZZ 関西若手ミュージシャンが語る、ジャズへの熱い想い。

次の記事へ

「関西のジャズシーンをもっと盛り上げたい」というテナーサックス奏者、内藤大輔さんの思いからスタートしたプロジェクト「YOUNG BLOOD」。内藤さんの呼びかけに集まった関西若手ジャズミュージシャンたちの演奏で、アルバム「PRECIOUS」が完成しました。
「preciousとは、貴重な、尊い、という意味があります。この世に生まれ同じ時代に生き、同じ目標に向かって生きている仲間がいるという事はとても奇跡的な事だと思います」と話す内藤さんの言葉どおり、若手の才気あふれる貴重な15曲が収録されています。今回はプロデューサーである内藤さんに企画立ち上げからアルバム制作、今の関西のジャズシーンについて詳しくおうかがいしました。

音楽にはテクニックだけじゃなくて人間性も大事なんですよ。

——今回のアルバム制作の経緯を教えてください。
「関西のジャズシーンって結構閉塞的じゃないかと思ったのが最初のきっかけです。僕は今回の参加メンバーよりもひとつ上の世代になるんですが、僕らと比べて彼らは上の世代との繋がりが希薄で、若手だけで仲良くする傾向があるんですよ。僕は先輩に可愛がられたり叩かれたりして大きくなってきたので、彼らもそういう経験が必要なんじゃないかと。やっぱり音楽家というのは、音楽だけで食べていかなくてはいけないので、ある種の厳しさが必要だと思うんです。そのためには先人の経験を取り入れていくべきで、それを自分なりに消化してどうやって音楽に還元するか。音楽にはテクニックだけじゃなくて人間性も大事なんですよ、という。ちょうど僕は先輩とも後輩とも仲良くしてもらってるので、それならこの立場を利用して何か面白いことができないかと思ったのが始まりですね」

ちゃんとリハをしたり練習を重ねてきたバンドはミステイクがあっても充実した音になってた。

——今回のアルバムにはさまざまなバンドの演奏が収録されていますが、どうやって決めたのですか?
「最初は45、6人集まりました。最終目的はCDを作ることなのですが、最初に条件を出しました。やっぱり合う合わないがあるので、まずセッションをして組み合わせを決めようと。いつものメンバーだけじゃなくて、初対面の人でも『すごい!』と思える人がいたら、そこから繋がりが生まれますからね。それでお互いがいいなと思える人同士でバンドを組んでもらいました。で、ここからがちょっと厳しいんですが、実際音を録ってみて響かなければCDには入れない、ということを最初に決めました。でないと必死さが生まれないんです。
バンドを作ったものの、レコーディングまでに準備不足だったグループは案の定あまり良くなかったですね。で、ちゃんとリハをしたり練習を重ねてきたバンドはミステイクがあっても充実した音になってた。実際、いっぱい間違ってるんだけどカッコイイ演奏だからと、そのまま採用した曲もあります。逆に演奏は上手くても何も響かないバンドには『ごめん、やっぱり無理』と。後でちゃんとフォローすれば分かってくれるし、今回外れたことで悔しさを感じて、次頑張ろうと思ってくれたらそれはそれでいいことなので」

関西の音楽シーンが潤えばいいなと思います。

——普段はプレイヤーの内藤さんですが、実際にプロデュースしてみてどうでしたか?
「やっぱりしんどいですね。最初はパッとできるんじゃないかと思ってたんですけど、やっぱり慣れてないことがたくさんあるので、事務的な部分にはかなり苦労させられました。でもこれもひとつの経験ですし、結局は自分のためにやってるんだなあと思いました。自分がこういう経験をして、後輩がそれを見て、また後輩がこういうことをやって…というのを繰り返して、関西の音楽シーンが潤えばいいなと思います。今回、すごくもめたこともありましたけど、今はそれもお互い良い経験だったと思っています」

『スタジオで頑張りました』っていうのは最低限の当たり前の話だっていうことにまだ気づいていないんですね。

——今回のアルバム制作において、重視した部分は何ですか?
「音楽のクオリティはもちろん大切ですが、作る過程での人間性というものですね。たとえば、今回外した曲に対して『皆頑張ってるんだから全部入れてください』って言う子がいたんですよ。でもそれはおかしな話で、じゃあCD買ってくれたお客さんは『この子ら頑張ってるから』っていう気持ちでCDを聴きたいかと。『スタジオで頑張りました』っていうのは最低限の当たり前の話だっていうことにまだ気づいていないんですね。
そういう『僕は頑張ってる』ってだけで演奏してても、音楽は響かないんです。確かに今は僕らの世代よりも上手い子はいっぱいいますよ。でも、それは気持ち的に訴える自信がないからテクニックに逃げてる部分でもあると思います。だから、上手いだけで一音を響かせるっていうのがない。
これからいろんな経験を積んで人間力を高めていってほしいですね。そういうのをアルバム制作を通じて彼らに少しでも分かってもらいたかったんです。このアルバムもひとつのきっかけに過ぎなくて、彼らにとってはまだまだ通過点ですから」

良くも悪くも関西若手の『今の心の音』が詰まったアルバムになっていると思います。

——どんなアルバムに仕上がりましたか?
「荒いですけど勢いのある良いアルバムになりました。今回、高校生のメンバーが3人いるんですけど、彼女らはすごく上手で、しかも物怖じしないタイプなので、それがいい刺激になりましたね。まったく気を使いませんから(笑)。彼女らは『先輩に何か言われるから』っていう演奏は絶対にしないんです。間違えてもいいから思いっきり演る。逆に大学出て、プロとして駆け出しの子の方が周りを気にしながら演奏するんですね。それも大事だけど、やっぱりがむしゃらに自分がいいと思う演奏をする人の方が結果的に面白い音楽になってるんです。良くも悪くも関西若手の『今の心の音』が詰まったアルバムになっていると思います。ここからどんどん成長していく子もいるだろうし、通過点であることは間違いないですが、荒削りだからこその良さもある。これをきっかけにお客さんを含めた皆でいい音楽を共有して、関西の音楽シーンが良くなっていけばと思っています」

内藤大輔(プロデューサー/テナーサックス)

1978年11月4日京都生まれ。14歳からテナーサックスを始める。1996年大阪音楽大学短期大学JAZZ科に入学。在学中より関西のライブハウスを中心にJAZZ、ポップス、ソウル、ロックなど幅広く活動中。2009年には1stアルバム「First Contact」をリリースし、ジャズ批評に取り上げられ注目を集める。

YOUNG BLOOD 「PRECIOUS」

YOUNG BLOOD 「PRECIOUS」

サックスプレイヤー内藤大輔さんの「関西のジャズシーンをもっと盛り上げたい!」という想いから企画された関西若手ジャズミュージシャンによるオムニバスCD。2010年4月にセッションを開始し、デンソーテン本社内にあるレコーディングスタジオ“スタジオf”でレコーディングした楽曲15曲を収録した2枚組。関西若手ジャズシーンの「現在」を凝縮した貴重なアルバム。
[SFPレコード(SFP-1106)/好評発売中/¥1,500(税込)]

[参加アーティスト]Vocal:池田杏理、木原鮎子/Trumpet:内藤咲重、横尾昌二郎/Trombone:今西佑介/T.Sax:大竹亜矢子/A.Sax:加納星子、中島あきは、武藤浩司、横山未希/Guitar:野江直樹、森下周央彌/Bass:権上康志、斎藤敬司郎、佐々木善暁、出宮寛之、中村裕希、光岡尚紀/Piano:海堀弘太、嘉勢太務、加納新吾、志水愛、杉山悟史、関谷友加里、田中和音、永田有吾、橋本秀幸、矢藤亜沙巳/Drums:鳥垣優羽、中道みさき、中野圭人、水上洋、吉田匡志/Marimba,Vibraphone:影山朋子

[vol.1] 座談会「Jazzとは? Part1」。杉山悟史×影山朋子×武藤浩司×野江直樹×権上康志×光岡尚紀

次回は関西若手ジャズミュージシャンたちによる座談会の模様をお届けします!第一回目のテーマは、ずばり「Jazzとは?」。ジャズに目覚めたきっかけやジャズの魅力について、オススメのレコードなど、プロのプレイヤーならではの目線から熱く語ってもらいました。

次の記事へ

PAGE TOP